医療ハイフにデメリットはあるの?失敗したりたるみが悪化したりすることもある?

2022.09.30シワ・たるみ取り

NES駒沢クリニック 医師 吉武光太郎監修

 

たるみの改善やリフトアップに効果的な医療ハイフ。

施術時間が短く、ダウンタイムが少ないため手軽に受けられる治療ですが「デメリットはないの?」「医療ハイフが適していない人はいる?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

今回は医療ハイフのデメリットやメリットをわかりやすくご紹介します。

 

医療ハイフにデメリットはある?

医療ハイフは超音波を利用した、たるみの改善やリフトアップに効果的な美容治療です。

従来の「切るフェイスリフト」などと比べると、ダウンタイムが少なく手軽に受けられる治療ですが、デメリットについても詳しく知っておきたい方もいるのではないでしょうか。

医療ハイフのデメリットには以下のようなものがあります。

 

痛みがある

医療ハイフは、高い出力パワーで照射するため、効果を実感しやすいですが、照射の痛みを感じる方も少なくありません。

痛みの感じ方には個人差がありますが「骨に響くような痛みがある」「チクチクする」と表現される方が多いです。

照射による痛みが不安な方の場合は、出力を調整したり、笑気麻酔を使用したりすることも可能です。

 

一時的な肌の乾燥がある

医療ハイフの施術直後は、肌が日焼けしたような状態になり、一時的に乾燥しやすくなっています。

水分量が減った肌はカサカサしやすく、バリア機能も低下しがちですので、毎日しっかりと保湿ケアすることが大切です。

また、肌が乾燥すると、紫外線によるダメージも受けやすくなってしまいます。

日焼け止めをこまめに塗るなど紫外線対策も徹底しましょう。

 

赤みや腫れが出ることがある

医療ハイフの施術後数日間は、肌に赤みや腫れが出ることがあります。

体質によっては腫れが長引く、赤みが強く出るといった方がいらっしゃいますが、数週間でおさまることがほとんどです。

症状が軽ければ、メイクで隠せる程度の赤みや腫れなので問題ありませんが、気になる場合は施術を受けた医療機関へ相談しましょう。

 

医療ハイフで失敗するケースはある?

本来ハイフは医療行為であり、医療従事者による取扱いしか認められていません。

エステサロンなどでもハイフの取り扱いを行っているところがありますが、医療従事者以外が出力できるパワーは弱いため効果の実感は緩やかです。

熱傷や神経損傷などのトラブルも少なくありません。

また、一人ひとりに合わせたカウンセリングのうえ施術を行わないと、頬がこけたり、たるみが悪化したりしてしまう場合があります。

 

クリニックなどの医療機関のみが扱える医療ハイフは、一人ひとりの症状を丁寧に診断したうえで、それぞれの方に合わせた照射パワーや、施術回数などの提案を経験豊富な医療従事者が行います。

万が一皮膚トラブルが出現した場合も、適切な診療やアフターフォローを安心して受けることができますので、ハイフの失敗や後悔を防ぐためにも、医療機関で安全に医療ハイフを受けましょう。

 

医療ハイフが選ばれる理由

痛みなどのデメリットはありますが、医療ハイフが選ばれる理由やメリットもあります。

 

ダウンタイムが少ない

医療ハイフはメスを使わない超音波を利用した施術であるため、体への負担が少なく、ダウンタイムも少ないのが特徴です。

翌日からメイクも可能であるため、仕事や学校の予定を気にせず治療の予定を入れることができます。

 

効果を実感しやすい

医療ハイフは、従来のレーザー治療では届かなかった肌の奥深い部分に照射することができます。

高密度の超音波を一点に集中させて照射することで、皮下組織とその下層の表情筋の間にあり肌の土台となるSMAS筋膜に直接はたらきかけ、気になる箇所にピンポイントでアプローチできます。

 

治療が短時間

ハイフの施術時間は、顔全体で40分程度ですので、忙しい方も手軽に受けやすい治療です。

 

医療ハイフを受けられない人はいる?

安全のため医療ハイフを受けることができない人は以下の方です。

 

妊娠中・授乳中の方

医療ハイフは体内に超音波を照射する施術であるため、妊娠中の方は施術を受けることができません。

授乳中の方はカウンセリング時に医師にご相談ください。

 

ペースメーカーを入れている方

ペースメーカーは電磁波の影響を受けやすいため医療ハイフの施術を受けることができません。

 

アトピー・ケロイド体質の方

皮膚に炎症が起きやすいアトピーやケロイド体質の方は、医療ハイフによって悪化する恐れがあるため施術を受けられない場合があります。

カウンセリング時に医師にご相談ください。

 

直近で美容治療をした方

美容手術だけでなく、手軽なレーザー治療などでも直近で美容治療をされた方は医師の診断の上施術をお断りする場合があります。

 

医療ハイフ以外のたるみ治療もある

 

ヒアルロン酸

メスを使わずに注射でヒアルロン酸の注入を行う治療です。

ヒアルロン酸を注入することで、たるみの改善や、顎やフェイスラインを整えたり、丸みを帯びた額を作ったり、若々しい印象へ導きます。

 

ヒアルロン酸は即効性があり、ダウンタイムも少ないため手軽に治療ができる満足度の高い治療です。

当院では、ナチュラルな仕上がりを大切に、お一人おひとりのご要望に沿った満足度の高い施術を目指しています。

 

スレッドリフト

メスを使わずに自然に溶ける棘付き糸を皮下に入れて引き上げてくる治療です。

引き上がるだけでなく針も出すことができ、さらに長期的に見るとたるみ予防の効果もあります。

頬のたるみや法令線、また顎下のたるみにお勧めです。

 

目の下の脱脂

目の下のたるみを効果的に改善したい場合は、脱脂手術がおすすめです。

目の下のたるみやクマの原因となる目の下のふくらみ(眼窩脂肪)をまぶたの裏から切開して取り除き、皮膚のたるみやクマなどを改善する手術です。

たるみやクマを改善させることで、目元を明るく若々しい印象に導くことができます。

 

皮膚表面に傷はできないため、抜糸はありません。

一般的なダウンタイムは1週間程度ですが、翌日からメイクが可能です。

当院では、脂肪をただ取るのではなく、お一人おひとりのお顔全体のバランスや左右差を考慮した絶妙なバランスで治療を行うことを心がけています。

 

副作用・リスク

 

医療ハイフ

  • 施術後に赤みや腫れ、ほてり、内出血などを生じることがあります。
  • まれに神経損傷を生じることがあります。
  • 肌のヒリヒリ感や赤みが生じることがあります。
  • 施術直後は赤みが生じることがありますが、数時間で治まります。

 

ヒアルロン酸

  • 製剤によってはアレルギー反応が起こり一時的に腫れることがありますが、1週間ほどで自然に消退します。

 

スレッドリフト

  • 後戻りを考慮して少し皮膚が引きつれるぐらいあげると、2週間から1ヶ月間、肌にヨレによる凹みが出ることがありますが、時間の経過とともに凹みは戻ってきます。
  • 麻酔の影響で一時的な顔面神経不全麻痺になり、口や瞼を動かし辛くなることがありますが、これも数時間〜半日程度で戻ります。
  • 一部触った感じが分かりにくくなることがあります。

 

目の下の脱脂

  • 翌日から1週間程度、目周りが腫れることがあります。
  • 目に見えるような内出血は1割くらいの方で起こります。2週間程度で黄色くなり目立たなくなります。
  • 1~2週間程度は目を動かしたときに重い痛み、1か月程度は押したときの痛みが出ることがありますが、ほとんど痛みが出ない方も多いです。
  • 出血が涙や鼻血のように後から出ることがあります。また非常にまれですが、手術部位に血が溜まり、血腫という塊になることがあります。通常は体内に少しずつ吸収されていきます。万が一、大きい場合は傷口から血腫を除去します。
  • 脂肪注入を行った場合はしこり感が残ることがありますが、他人からはわからない程度です。
  • 仕上がりの左右差、ふくらみやたるみが残る、小じわが増えることがあります。

 

料金表

 

医療ハイフ

部位 ショット数 通常価格
全顔 770 110,000円
フェイスライン 600 99,000円
300 52,500円
二重あご 300 52,500円
ほうれい線 340 59,840円
目元 110 22,000円

 

ヒアルロン酸

ボルベラ アラガン 1本 77,000円
ボリフト アラガン 1本 77,000円
ボリューマ アラガン 1本 77,000円
ボラックス アラガン 1本 77,000円
ヒアルロニダーゼ 他院 1A 39,600円
当院 1A 19,800円
ヒアルロン酸手技料 22,000円
カニューレ代 3,300円

 

スレッドリフト

テスリフト 1本 66,000円
片側2本(計4本) 259,600円
片側3本(計6本) 374,000円
片側4本(計8本) 495,000円
VXILリフト 1本 55,000円
片側3本(計6本) 297,000円
片側4本(計8本) 352,000円
片側5本(計10本) 363,000円
VOVリフトプレミアム 1本 44,000円
片側3本(計6本) 217,800円
片側4本(計8本) 264,000円
片側5本(計10本) 308,000円
NESリフト
(おまかせで医師があなたにあった糸を選びます。)
片側3本(計6本) 275,000円
片側4本(計8本) 330,000円
片側5本(計10本) 385,000円

 

目の下の脱脂

下眼瞼の脂肪取り 脱脂(目の裏から) 242,000円
ハムラ法 496,000円

 

医療ハイフやたるみの相談はNES駒沢クリニックへ

医療ハイフはダウンタイムがほとんどなく、肌のたるみやリフトアップなどの改善が期待できます。

当院では丁寧なカウンセリングを心がけていますので、痛みが不安な方や、医療ハイフ以外の治療など気になることもお気軽にご相談ください。

© NES(ネス)駒沢クリニック・美容クリニック