NES駒沢クリニックからのスタッフコラムColumn

ピコトーニングとピコスポットってどう違うの?それぞれのメリットデメリット

2022.04.11シミ取り

NES駒沢クリニック 医師 吉武光太郎監修

 

「シミを取りたい」「肌質を改善したい」など、肌へのお悩みを抱えている方は、レーザー治療を一度は考えたことがあるかもしれません。

レーザー治療の中でもピコレーザーは照射モードによって、ピコトーニングやピコスポットなどがあり、それぞれ期待できる効果も異なります。

今回は、ピコトーニングとピコスポットの効果やダウンタイム、施術回数などをご説明します。

 

ピコレーザーとは

ピコレーザーは、ピコ秒(1兆分の1秒)単位で肌にレーザーを照射するため、従来のQスイッチレーザーの照射時間であるナノ秒(1億分の1秒)よりも短く、肌へのダメージが少ない治療法です。

シミやそばかす、くすみ、毛穴、ニキビ跡、肝斑などに効果が期待できます。

ピコスポット、ピコトーニング、ピコフラクショナルと3つの照射モードがあり、肌の状態に応じてさまざまな治療を行います。

 

ピコトーニングとピコスポットの違い

ピコトーニングとピコスポットには、主に以下のような違いがあります。

 

ピコトーニング

ピコトーニングは、低出力のレーザーを顔全体に照射することで、シミやくすみ、肝斑、肌質改善などに効果が期待できます。

これまで肝斑は悪化するリスクがあるため、レーザー治療ができませんでしたが、ピコトーニングは低出力のレーザーを何回も肌に照射するため、肝斑への治療も可能となっています。

肝斑の治療をする方は、トラネキサム酸の内服薬や、ハイドロキノン、トレチノインなどの外用薬を併用するとより効果が期待できます。

当院では、ピコトーニングを受ける方はトラネキサム酸の内服を必須としています。

 

ピコスポット

ピコスポットは、高出力のレーザーを気になるシミやそばかすにピンポイントで照射して除去する治療法です。

照射時間がピコ秒と非常に短く、肌へのダメージが少ないため、ダウンタイムが少ないことが特徴です。

また熱ではなく衝撃波による照射で、従来のレーザーと比較してより細かい微粒子サイズまでメラニン色素を破壊し、シミを改善します1)。

症状により異なりますが、基本的に1~3回程度の照射が必要です。

 

ピコトーニングはこんな方におすすめ

  • 肝斑を改善したい
  • くすみを改善したい
  • シミだけでなく、毛穴やニキビ跡も気になる
  • 肌質を改善したい
  • 顔全体のシミを薄くしたい

 

ピコスポットはこんな方におすすめ

  • シミが目立って気になっている
  • ピンポイントでシミを取りたい
  • 従来のレーザー治療では満足しなかった
  • ADMを薄くしたい

 

ピコトーニングのメリット・デメリット

従来は治療ができなかった肝斑にも効果が期待できます。

また顔全体の美白効果も期待でき、毛穴やニキビ跡などの肌質改善をしたい方にも適しています。

ピコスポットと違い、基本的には複数回の施術で効果を実感できる場合が多いため、時間がかかります。

 

ピコスポットのメリット・デメリット

症状により異なりますが、ピコスポットは基本的に1~3回の施術で効果が期待できます。

照射時に輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。

基本的にレーザー治療をした後は軽度の火傷をしたような状態となり、その後黒くなりかさぶたができることもあり、約2週間後に自然と薄くなります2)。

かさぶたができた場合は無理に剥がすと色素沈着を生じる可能性があるため、剥がれ落ちるのを待ちましょう。

 

当院のピコレーザーの特徴

 

米国FDA認可を受けたピコシュア(PicoSure)を採用

レーザー業界世界最大手であるサイノシュア社が開発した世界初のピコレーザーであり、アメリカFDAの認可も受けているピコシュアを使用します。

シミそばかすや毛穴、小じわ、にきび跡、タトゥーなど様々な症状に対応可能です。

 

専門医が患者様に最適な治療を診断

当院では経験豊富な形成外科専門医が患者様ひとりひとりの肌を診て、どんなレーザーが必要か判断し、患者様と相談して治療方法を選択します。

治療の途中で不安なことがあれば、いつでもご相談いただけます。

 

ピコレーザーの施術の流れ

 

1.カウンセリング・診察

カウンセラーとドクターが丁寧に診察し、お悩みに応じてご提案させていただきます。

 

2.写真撮影

モニター様の契約をされない限り、外部に流出させることはございません。ご安心ください。

 

3.洗顔

施術前にまずお顔の皮脂汚れやお化粧を落としていただきます。

 

4.施術

ご希望に合わせて施術を行います。
痛みを伴う治療は、施術前に麻酔クリームを塗布して時間を置きます。
ピコスポットなど、痛みが軽い治療については、適宜冷やしながら施術を行います。

 

5.クーリング・アフターケア

施術メニューや施術後の肌状態に合わせて、クーリングや保湿のアフターケアを行い、終了となります。

 

ピコレーザーのダウンタイム

ピコレーザーの主なダウンタイムや注意点として、以下のようなことがあります。

 

ピコトーニングの副作用・ダウンタイム

照射時に肌のチクチク感やほてりを覚える方がいます。

ピコトーニング後は少し赤みが出ることがありますが、数時間で治まります。

患部への刺激を避ければ、洗顔やメイク、入浴は当日から可能です。

 

ピコスポットの副作用・ダウンタイム

主な副作用として、痛み、赤み、熱感、色素沈着、色素脱失、毛嚢炎、水疱形成、肝斑の悪化などがあります。

ピコスポット後、1週間は炎症を抑える軟膏を塗布していただきます。

基本的にテープ保護は必要ありませんが、レーザーを強めに当てた方、摩擦や日焼けが心配な方、色素沈着を起こしやすい方はテープ保護をおすすめいたします。

また施術後、一時的にシミが黒くなったりかさぶたになることがあります。

患部への刺激を避ければ、洗顔やメイク、入浴は当日から可能です。

以下に該当する方は、施術前にご相談ください。

施術をお控えいただく場合があります。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 光過敏症の方
  • てんかん発作の既往歴がある方
  • 重度の糖尿病の方
  • 施術前に日焼けをしている方
  • 日焼けをする予定がある方
  • 心臓のペースメーカーを使用している方
  • 慢性疾患がある方

 

ピコレーザーの料金

当院の施術料金は、以下の通りです。

項目

円(税込)

ピコスポット シミ・そばかす

~5mm  1個につき 5,500円
6~10mm  1個につき 8,800円
11~20mm  1個につき 15,400円
ピコスポット  ADM 1回 33,000円
ピコスポット 顔あて放題 1回 99,000円
ピコスポット 顔あて放題2回目(初回から半年以内) 1回 55,000円
ピコスポット 顔あて放題1回 + ピコトーニング全顔1回 1回

110,000円

 

項目

円(税込)

ピコトーニング 全顔

初回トライアル 13,200円
1回 30,800円
5回 110,000円
10回 198,000円

 

ピコトーニングは顔全体のトーンアップが期待でき、ピコスポットはシミやそばかすをピンポイントで除去するための治療法です。

それぞれメリットやデメリットがあるため、肌のお悩みに応じて治療法を選びましょう。

気になる症状のある方は、当院へお気軽にご相談ください。

 

【参考】

(1)宮田成章.「イチからはじめる 美容医療機器の理論と実践 改訂第2版」全日本病院出版会.2021.

(2)宮地良樹 他.「エビデンスに基づく美容皮膚科治療」中山書店.2019

© NES(ネス)駒沢クリニック・美容クリニック