NES駒沢クリニックからのスタッフコラムColumn

ピコトーニングの効果はいつから?

2022.03.07シミ取り

NES駒沢クリニック 医師 吉武光太郎監修

 

Qスイッチルビーレーザーなどの従来型のレーザー治療では改善が難しかった肝斑(かんぱん)にもアプローチできるピコレーザーは、1兆分の1秒というピコ秒でレーザーを照射することが特徴です。

このピコレーザーによる治療法では従来型に比べてシミを早く消せると言われていますが、実際には何回目から効果が現れるのか、解説していきます。

 

ピコトーニングとは

ピコトーニングとは、シミやくすみなどの改善を目指して用いられる治療法です。

美容やコスメなどで使われる「トーニング」という言葉は、「(光や声の)調子を整える」という意味を持つ「トーン」から生まれたものです。

肌トラブルの改善や、肌状態を整える目的で使われています。

特によく聞くのが「レーザートーニング」という言葉ではないでしょうか。

このレーザートーニングは、レーザー治療を用いて肌の状態を整える治療のことで、特にシミやそばかすなどのメラニン色素に関わる肌トラブルなどの改善を目指す際に用いられています。

 

一方、ピコトーニングとはピコレーザー機器による治療を指しています。

ピコレーザー機器とは、1兆分の1秒というピコ秒でレーザーを照射することができる美容機器のことです。

当院では、サイノシュア社のピコシュアというピコレーザー機器を導入しています。

ピコトーニングはレーザー照射を弱い出力で、しかもピコ秒で行うため、小さなシミなどの改善にも期待ができる治療です。

照射時間が短いので肌のダメージを抑えられるのが特徴で、痛みやダウンタイムが最小限になります。

また従来型のレーザーでは難しいとされていた肝斑の治療にも活用できるのが、ピコレーザーの大きな特徴です。

このピコトーニングで改善が期待できる肌トラブルは、下記のような症状です。

 

シミ

ピコトーニングはメラニン色素を分解して排出することができるため、シミの改善にアプローチすることができます。

 

そばかす

ピコ秒で照射点が小さいため、小さなシミやそばかすにも効果が期待できます。

 

くすみ

肌全体のくすみの原因である表皮に蓄積したメラニンに作用するため、肌のトーンアップが期待できます。

 

肝斑

従来型のレーザー治療では出力が高く、肝斑をより濃くするリスクことが指摘されていましたが、ピコレーザーは出力が弱く肝斑にも有効とされています。

 

毛穴の開き

毛穴の開きにはピコフラクショナルの施術がおすすめですが、ピコトーニングでも毛穴・肌質の改善を感じたとのお声をいただくことがあります。

 

ピコトーニングの施術の流れ

ピコトーニングはレーザーの力でメラニンを分解して排出していく治療法です。

弱い出力で複数回に分けて施術していくため、1回の治療では大きな効果が分かりにくいとされています。

しかし、肌質がよくなったことは感じていただけると思います。

一般的には5~10回程度の施術が必要とされており、当院では1回ごとのプランと10回がセットになったプランを用意しています。

料金は下記の表を確認してください。

 

項目

円(税込)

ピコトーニング 全顔

初回トライアル 13,200円
1回 30,800円
5回 110,000円
10回 198,000円

 

治療の流れは、1回目の治療後に通常1ヵ月の間隔を開けて施術を行うことになります。

最短での施術を希望する場合は2週間間隔でも可能です。

シミの大きさや濃さなどにもよりますが、施術後の注意点を守っていただけると、通常5~10回程度でシミが薄くなったことを実感できるはずです。

 

ピコトーニングの注意点

ピコトーニングは弱い出力で行うため痛みの少ない治療で、ダウンタイムも短いとされていますが、下記のような副作用が起こることがありますので注意してください。

  • 赤み
  • かゆみ
  • 湿疹
  • 水疱
  • 色素沈着
  • 白斑
  • ニキビ、毛嚢炎など

副作用は、元々の肌質や肌の色調、女性ホルモンのバランス、普段から浴びている紫外線の量、ニキビや肌荒れの有無などの影響を受け、出現することがあります。

そのため患者さんによって、レーザーに対する反応は個人差があります。

また、シミの程度やレーザーの出力、照射の間隔などによっても副作用に差が現れることがあります。

皮脂腺への刺激によってニキビや毛嚢炎が出てきた場合は、洗顔と保湿をこまめにするなどで3日程度で軽快することが多いです。

ただし、症状が強い時や長引く時には、施術したクリニックに相談してください。

診察の上、症状に応じて内服薬や外用薬を処方してもらえるはずです。

また、治療後の注意点としては、下記の点が挙げられます。

  • 紫外線対策
  • 擦るなどの刺激を避ける
  • 洗顔やメイクは当日からでも可能

当院では、ピコトーニングの効果をより高めることを目指して、治療前後にトラネキサム酸の内服とハイドロキノン・トレチノインクリームの併用をオススメしています。

 

まとめ

ピコトーニングは、ピコ秒という短い時間でのレーザー照射によって、肌のダメージが少ないなどのメリットがあるレーザー治療法です。

これまでに治療できなかった肝斑にアプローチができるほか、最小限のレーザー照射で治療中の痛みが少ないなどの特徴があります。

その一方、メラニン色素を分解する力が強いとされ、早くから効果が感じられると当院の患者さんにも喜ばれております。

ピコトーニングに興味をお持ちのかたは、お気軽にご相談ください。

 

© NES(ネス)駒沢クリニック・美容クリニック