ピコフラクショナルの効果はいつから現れる?ダウンタイムも ネス駒沢クリニック 形成外科・美容の医師が徹底解説

2024.06.27シワ・たるみ取り

「ピコフラクショナルレーザーの効果はいつ出るの?」

「ダウンタイムが長いと仕事に支障がある…」

ピコフラクショナルは、シワやニキビ跡・毛穴の開きなど、さまざまな肌悩みの改善が期待できる治療法です。また、大きな魅力のひとつは、ダウンタイムの短さです。忙しい日常を送る方にとっては、理想的な選択肢といえるでしょう。

ここでは、ピコフラクショナルの具体的な効果や予想されるダウンタイム、さらに治療の費用・副作用まで詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ピコフラクショナルの効果はいつ出る?

ピコフラクショナルは、施術後徐々に効果が現れ始めます。個人差はありますが、約1ヶ月経過すると肌のハリ・弾力の向上が感じられる方もいます。

2〜4週間に1回の治療を目安に継続することで、回数を重ねるごとに効果が実感しやすくなるでしょう。ただし、効果の現れ方には個人差があるため、症状の程度や肌の状態によって治療回数は異なります。

●シワへの効果

シワの原因のひとつは、コラーゲンやエラスチンの減少や変性です。ピコフラクショナルは、レーザーの熱ダメージによって真皮層のコラーゲンを刺激します。肌の弾力や柔軟性を保つ成分であるコラーゲンの生成が促進されるため、小ジワの改善が期待できます。

●ニキビ跡への効果

間違ったケアや炎症によりできたニキビ跡は、セルフケアだけでは改善が難しいです。ピコフラクショナルレーザーは、ニキビ跡の治療にも効果を発揮します。

レーザーが肌に与える微小な熱ダメージによって肌のターンオーバーが促進され、ニキビ 跡を形成している古い組織が徐々に入れ替わり、滑らかな肌に近づきます。また、レーザーの刺激によってコラーゲンの生成が促進されるため、ニキビ跡を目立たなくする効果が期待できます。

理事長の吉武が自分にやった経験では、3〜4回ぐらいから周囲の方に肌が綺麗になってきていると言われるようになりました。

●毛穴の開きへの効果

ピコフラクショナルレーザーは、肌に微細な熱ダメージを与えることで肌のターンオーバーを促進するため、古い角質や詰まりが取り除かれて毛穴が引き締まります。

また、レーザーの刺激によってコラーゲンの生成が促進することで、毛穴周辺の肌が引き 締まり毛穴の開きが目立ちにくくなります。

ニキビ跡の治療同様に、4回前後から効果を感じられてきます。専門医による定期的な観察とアドバイスのもと、適切な頻度で治療を継続することが大切です。

ピコフラクショナルについて、どのような施術か詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ピコフラクショナルのダウンタイムは?

ここでは、ピコフラクショナルの気になるダウンタイムについて詳しく解説します。

●ダウンタイムが短め

ピコフラクショナルは、従来の炭酸ガスレーザーによるフラクショナル照射と比較して、 ダウンタイムが短いのが大きな特徴です。一般的に行われている炭酸ガスレーザーは熱によって組織を蒸散させるため、皮膚に点状の穴が開きかさぶたができやすく、色素沈着も起こりやすいです。発赤や腫れが強く現れ、回復に2週間以上かかる場合もあります。

一方、ピコフラクショナルは皮膚表面への負担が少なく、特にピコシュアは肌への影響が 少ない755nmという波長を使用しています。そのため、点状出血が起こりにくく、ダウンタイムは短めです。治療後に赤みは出ますが、多くの場合24時間程度で落ち着き、3日間でだいぶ落ち着きます。

ただし、個人差があり、照射の強度や範囲・肌の状態によっても異なります。専門医の指示により、適切なアフターケアを行うことも重要です。

●メイクや洗顔は当日から可能

治療後に患部への刺激を避けることができれば、当日からメイクや洗顔も可能です。ただし、使用する化粧品や洗顔料は肌に優しいものを選び、摩擦を避けるようにしましょう。

●基本的にテープ保護は不要

治療後1週間は炎症を抑えるための軟膏を塗る必要がありますが、基本的にテープ保護は不要です。ただし、レーザーを強めに当てた方や摩擦や日焼けが心配な方、色素沈着を起こしやすい方にはテープ保護をおすすめします。

ピコレーザーにおける当院の特徴

当院では、米国FDA認可を受けた機器であるピコシュア(PicoSure)を採用しています。ピコシュアは、業界世界最大手のアメリカ・サイノシュア社によって開発されたレーザー 機器です。

FDA(アメリカ食品医薬品局)において、シミやそばかすなどの色素性病変や小ジワ・ニキビ跡の治療目的での使用が承認されています。ただし、効果には個人差があります。

当院では経験豊富な形成外科学会認定専門医が、一人ひとりの肌の状態や悩みをしっかり とヒアリング・診察し、適切な治療プランをご提案いたします。治療の過程でも不安や疑問がある場合は丁寧に説明し、患者さまに寄り添った対応を心がけています。

ピコシュアはシミ取りだけでなく、肝斑治療や肌質改善など幅広い治療が可能な機器です。ダウンタイムが短いため、レーザーが不安という方にも受けていただきやすい治療といえるでしょう。

シミ・そばかすや毛穴、小じわなどが改善すると、見た目の印象が大きく変わります。ぜひ一度体験してみてください!

ピコフラクショナルの費用・回数

ピコフラクショナルは、公的保険が適用されない自由診療です。

※初回トライアルは初めての方のみ

初回トライアル(全顔)27,500円(税込)
1回(全顔)44,000円(税込)
5回(全顔)165,000円(税込)

ピコフラクショナルの副作用・リスク

●副作用・リスク

ピコフラクショナルの副作用は、一般的に軽度で一時的です。重度の副作用は稀ですが、万が一の場合は、直ちに医師へ相談してください。起こり得る副作用は、以下のとおりです。

・痛み、赤み、熱感、色素沈着、色素脱失、毛嚢炎、水疱形成、肝斑の悪化

●治療が適さない可能性がある方

以下の方は、ピコフラクショナルの治療が適さない可能性があります。該当するか否かを医師と十分検討することが非常に重要です。

・妊娠中の方

・光過敏症の方

・免疫抑制剤を使用している方

・ケロイド体質の方

・皮膚がんの既往がある方

・治療部位に重篤な皮膚疾患や感染症がある方など

ピコフラクショナルの施術ならネス駒沢クリニック 形成外科・美容へ

ネス駒沢クリニック 形成外科・美容では米国FDA認可を受けたピコシュアを導入し、毛穴・小じわ・ニキビ跡などの治療を行っています。当院では、形成外科・皮膚科医による丁寧な診療を心がけています。

一人ひとりのお肌の状態や悩みを細やかに診察し、レーザーの種類や強度・回数などは患者さまと相談の上で適切な治療をご提案します。治療中に不安や疑問があれば、遠慮なくいつでもご相談ください。

当院の受診方法は、こちらをご確認ください

【ネス駒沢クリニック 形成外科・美容|吉武 光太郎 監修】

© ネス駒沢クリニック 形成外科・美容