【ネス駒沢クリニック 形成外科・美容の医師監修】レーザーフェイシャルとは?5つの効果とダウンタイムについて紹介

2024.06.27シミ取り

レーザーフェイシャルはくすみ・シミ、ニキビ跡や毛穴の開きなど、さまざまな肌の悩み に対応可能な治療法です。レーザー技術により、深層からの肌質改善が期待できます。

当院では経験豊富な形成外科医、皮膚科医、美容皮膚科医が、患者さまのお悩みを丁寧にお聞きした上で一人ひとりに合った治療法を提案しています。

この記事では、レーザーフェイシャルとは何か、期待できる効果とフォトフェイシャルとの違いなどを詳しく解説しますので、ご興味のある方はぜひご一読ください。

レーザーフェイシャルとは

レーザーフェイシャルは、ジェントルマックスプロプラスという機器でアレキサンドライトレーザー光源を用いた美容レーザー治療です。レーザーは低出力で皮膚や毛のメラニン色素に反応し、熱を発生させます。

この熱作用によりメラニンが破壊されることで、肌のくすみやシミが軽減されます。角質層の薄い剥離を通じて肌のトーンが明るくなり、肌のくすみ・シミ・ニキビの改善や産毛の脱毛効果も期待できます。ほとんどダウンタイムがないため、日常生活にすぐ戻れる点が大きな魅力です。

レーザーフェイシャルはこんな方におすすめ

レーザーフェイシャルをおすすめしたいのは、以下のようなお悩みがある方です。

  • シミが目立ってきた方
  • 肌のくすみが気になる方
  • ニキビ跡を何とかしたい方
  • 毛穴の開きを改善したい方
  • 顔の産毛も脱毛したい方

レーザーフェイシャルとフォトフェイシャルの違いとは?

レーザーフェイシャルとフォトフェイシャルの違いがよく分からない、という方は多いのではないでしょうか。2つの違いは、光の波長とレーザーの照射時間です。

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる幅広い波長の光線を使用しています。シミやそばかす・くすみだけでなく、肌の赤みなどの改善も期待できます。多種多様なお悩みに対応可能であり、ダウンタイムも短めです。

一方、レーザーフェイシャルは755nm波長で照射するため、肌の深い部分に届きやすいことが大きな特徴です。波長が短い光はエネルギーが高く、光が肌の深部まで透過しやすくなるため、毛穴や肌のハリなどの改善に特に効果的です。

レーザーフェイシャルとフォトフェイシャルの違いを比較表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

項目レーザーフェイシャルフォトフェイシャル
光の種類755nm波長IPL(幅広い波長の光線)
効果毛穴、肌のハリ、シミシミ、そばかす、くすみ、赤み
特徴肌の深い部分に届きやすい多種多様なお悩みに対応可能

治療を受ける際は、それぞれのメリットを理解して選択しましょう。

レーザーフェイシャルで期待できる5つの効果

ここでは、レーザーフェイシャルで期待できる効果について詳しく解説します。主な効果は、以下の5つです。

1.くすみ・シミ・そばかすを改善できる

レーザーフェイシャルは、メラニン色素に特に反応するレーザーを使用します。レーザーがメラニンに直接作用することで、シミやくすみの原因となる過剰な色素を分解し、自然な肌色へと導きます。全体のトーンが明るく均一になり、肌の輝きを取り戻すことが期待できます。

2.ニキビ・ニキビ跡を改善できる

ニキビやニキビ跡に対しても、レーザーフェイシャルは効果的です。ニキビ跡は、肌の表面が不均一になっている状態です。レーザーフェイシャルは肌の深層にあるコラーゲンの生成を刺激し、肌の再生を促します。

新たなコラーゲンの生成により肌の凹凸が滑らかになり、繰り返しの施術でニキビ跡を少しずつ綺麗にすることが期待できます。

3.毛穴を引き締める

毛穴の開きもレーザーフェイシャルで改善が可能です。毛穴の開きやたるみは、肌の弾力不足が原因のひとつです。

レーザーフェイシャルは肌の深層までレーザー光が届き、コラーゲンとエラスチンの生成を促進します。肌の弾力が回復し、毛穴が自然に引き締まります。

4.美肌効果がある

レーザーフェイシャルは、美肌効果が期待できます。レーザーによる熱エネルギーが真皮層のコラーゲンの生成を刺激し、ハリやキメが内側から改善されるため、肌の全体的な調子が整います。

5.顔の産毛を脱毛できる

顔の産毛を脱毛できることも、レーザーフェイシャルの特徴。顔の産毛は非常に細いのですが、レーザーフェイシャルはメラニン色素に反応する精密なレーザーを使用するため、除去が可能です。

肌の透明感が増してメイクのノリが良くなったり、肌表面が滑らかになりスキンケア製品の浸透がアップしたりするなどの効果が期待できるでしょう。

ネス駒沢クリニック 形成外科・美容で使用するジェントルマックスプロプラスについて

ネス駒沢クリニック 形成外科・美容では、シネロンキャンデラ社製のジェントルマックスプロプラスを使用しています。メラニンに選択的に吸収される波長755nmのアレキサンドライトレーザーと、毛細血管に働く1,064nmのヤグレーザーという2種類のレーザーを搭載しています。

レーザーの熱によってメラニンを破壊し、角質を薄く剥離させることで皮膚の真皮層を刺激し、ターンオーバーを促すことが可能です。2種類を使い分けることにより、さまざまな毛質や肌質に対応できます。

ジェントルマックスプロプラスは「長期減毛・色素性疾患用レーザー装置」として、厚生労働省から承認を受けています。

レーザーフェイシャルのダウンタイム

レーザーフェイシャルの大きな魅力は、ダウンタイムがほとんどないことです。施術後はメイクをして帰れるため、日常生活に支障をきたしません。

施術後に肌の腫れや赤みを感じる場合がありますが、多くは一時的な反応であり、2〜3日で自然に軽快します。一時的にニキビが悪化したりシミが黒くなったりする場合もありますが、ほとんどは約1週間経過すると落ち着くことが一般的です。

化粧や洗顔は治療当日から可能ですが、肌をこすらないように注意が必要です。施術後の肌は乾燥しやすくなるため、適切な保湿ケアを心がけましょう。

また、レーザー治療後の肌は紫外線の影響を受けやすいため、外出時は日焼け止めを塗るなどのUVケアを徹底してください。

ほとんどのケースでは、1週間程度でお肌は回復します。ただし、症状が気になる方は医師に相談しましょう。

レーザーフェイシャルの費用と回数

ここでは、レーザーフェイシャルの施術の流れと、費用・回数について紹介します。

●施術の流れ

  1. カウンセリング・診察:カウンセラーや医師がお悩みを丁寧に伺い、肌の状態を診察します。お悩みに応じて治療方法をご提案します。
  2. 写真撮影:カルテ記録保存用として写真撮影を行います。モニター様の契約をされない限り個人情報の観点から外部流出はさせないので、ご安心ください。
  3. 洗顔:施術前に顔の皮脂汚れや化粧を落としていただきます。
  4. 施術:顔全体や希望の場所にレーザーフェイシャルを照射します。1回あたりの照射は、15〜20分が目安です。
  5. アフターケア:施術後の肌状態に合わせて、保湿などのアフターケアを行っていただきます。

●費用と回数

レーザーフェイシャルは、公的保険が適用されない自由診療です。効果には個人差があり、1回の治療では効果を実感できないことが多いです。1ヵ月間隔をあけ、6回程度の継続的な施術をおすすめします。

初回トライアル(女性・男性)16,500円(税込)
1回(女性)30,800円(税込)
5回(女性)110,000円(税込)
1回(男性)33,000円(税込)
5回(男性)110,000円(税込)

※2クール目以降は、最終施術日から6か月以内であれば10%オフとなります。

レーザーフェイシャルの副作用とリスク

施術直後には肌に赤みや軽い腫れが見られる場合がありますが、一般的に数時間から数日で自然に治まります。

シミやニキビの部分はメラニンが反応し軽い炎症を起こすため、一時的にシミが黒くなったりかさぶたを作ったりすることがあります。また、稀に毛包炎を引き起こし、1〜2週間ほど症状が続くことがあります。

●副作用とリスク

・痛み、赤み、熱感、色素沈着、色素脱失、毛嚢炎、水疱形成、肝斑の悪化など

●施術を控えていただく可能性がある方

・妊娠中、授乳中の方

・日光過敏症の方

・アルコール過敏症の方

・施術部位に脂漏性皮膚炎のある方

・敏感肌の方

・ヘルペス治療中の方

・ケロイド体質の方

●使用機器について

レーザーフェイシャルは「長期減毛・色素性疾患用レーザー装置」として厚生労働省から承認を受けている医療機器です。

レーザーフェイシャルの施術はネス駒沢クリニック 形成外科・美容へ

レーザーフェイシャルは、肌のくすみ・シミ、ニキビ跡や毛穴の開きなどを改善できる治療法です。ダウンタイムが少ないため、美容医療が初めてという方でも受けやすい施術といえるでしょう。
ネス駒沢クリニック 形成外科・美容では、無理に高額な治療をおすすめすることはありません。お一人お一人のお悩みに真摯に向き合い、適切な治療をご提案します。まずはカウンセリングから、お気軽にご相談ください。

© ネス駒沢クリニック 形成外科・美容